カントリーガールズの活動休止が発表された。


メンバーの今後は以下に引用する。


山木はハロー!プロジェクト、カレッジ・コスモスも卒業し、芸能活動は引退、

小関はハロー!プロジェクトも卒業、芸能活動を継続、

船木は20203月をもってハロー!プロジェクト、アンジュルムを卒業、以降芸能活動を休止いたします。

森戸は引き続きモーニング娘。のメンバーとして活動していきます。



事務所よカントリーガールズになんの恨みがあるのか。活動休止とは何か? 今の状態が「活動休止」ではないのか?(公式HPを見たら「新たな体制に移行し活動することになります。」と書いてあった) 2017年のあれは「解体」以外の何者でもないのではないか。



さらに一言、「カントリー・ガールズとしての今後ですが、メンバーを一新し再始動することを考えています。」とあった。死体に鞭を打って何をしたいのか。



島村嬉唄が脱退して、稲場愛香もアクシデントにより卒業して、とりあえず頑張ってみたけどセールスは予想より低調だった。嗣永桃子さんも25歳になった。卒業しなければならなかった。事務所は扱いに困ったのだろう。



からといってあの扱いはなかったのではないか。アイドルは商売だ。商売だけれども、人が人を惹きつける、そこに感情が生まれる。理性のみでは割り切れない世界だ。



私は就活に失敗した。入りたくもない会社に入って、同じく入りたくもない会社に入ったどーでもいい人たちと見たくもない面を合わせてただ時間を浪費して、その時間分だけの賃金を得て細々と生きている。当然、そこに見切りをつけて飛び立つ人がいる。続々と去っている。



ハロプロは入りたくても入れない、夢が叶う場所だと思っていた。そこに入って、さらなる夢を見つけて、活動して、叶え続ける。より大きな次元へ到達する。今が最高かつこれからはもっと最高、ずっと夢に向かって邁進できる世界だと思っていた。ハロメンはやりたいことを叶えるために卒業する。ではそのやりたいことは? 介護の世界、大学進学、就職

私たちと、全然変わらなくない?

ハロメンも、もしかしたらやりたくないことをやって、心底どうでもいい人と毎日律儀に面合わせて、時間を殺して、その代わりにお金をもらって生きているのではないか 




私は、それを見て心から熱狂して、糧にして生きている。アホの極みではないか 私が熱狂的になればなるほど、彼女たちはまたやりたくもないどうでもいい仕事に忙殺されていくのではないか? 貴重な時間を削って? たくさんの制限を受けて? は? 




かわいいかわいい天使たちが、どうか苦しまないで、やりたいことをきちんと見つけられて、そこに邁進できますように。私は祈ることしかできない。